小売業のイノベーション

感動広がる
今までにない
ショッピング

サプライヤーから物流センター、店舗に至るまで、サプライチェーン全体の在庫を把握することで、より的確な予測と割り当て、配送コストの削減、在庫切れの減少、過剰在庫と値下げの回避、商品供給力および顧客獲得率の向上などを実現するための基礎を固めることができます。

Westernacherは、これまで数十年にわたり小売業を革新してきた経験から、エンドツーエンドの在庫の可視化により卓越した成果をあげる方法を熟知しています。たとえば、弊社のサプライチェーンコントロールタワーにより、サプライチェーン内をリアルタイムにナビゲートして管理し、よりスマートで迅速な配送を実現します。

小売業の理想郷
エンドツーエンドの在庫の可視化

新規顧客の獲得、収益の増加、利益率の改善 - チャンスは無限に存在します。想像してみてください。Westernacherがその方法をお見せします。

Demand_website_graphic_Japan_v3

SAP EWMで倉庫を創る

食品卸売業者Aarnioは、大規模な戦略転換の一環としてSAP EWMを導入しました。Westernacherは、そのプロジェクトを導入パートナーとしてサポートしました。

Wihuri Group傘下のAarnioは、25%の市場シェアを誇るフィンランド最大規模の食品卸売業者です。レストランから流通チェーン、サービスステーションに至るまで、日々約3万人の顧客にサービスを提供しています。また、国内に23の配送センターを持ち、約400人の従業員を擁しています。

20年以上にわたり小売業の革新をサポート

Images Content card based design Retail 4

ディスカウントファッションストアは仕入れ販売を行う

Images Content card based design Retail 3
ファッション・アパレル小売業は垂直統合型が多い
ライフサイクルがかなり短く、サプライチェーンが非常に長い商品を扱う
Images Content card based design Retail 2

百貨店は自社在庫を持ち、ストアインストアを実施し、一部の部門を完全に外部委託している

Images Content card based design Retail

食料品はSKU数が多く、パッケージ食品、生鮮食品、冷凍食品を取り扱う

DIY小売業者は、ネジのような小さなものから遊具セットのような大きなもの、砂のように単純なものから家電のように複雑なものまで管理しなければならない

宅配サービスを革新
大胆に成功を掴む

eコマースにより、買い手ではなく売り手がラストマイルデリバリーを行うようになった今、小売業界に革命が起きています。店舗の在庫補充は大型トラックで週に1~2度、というのは過去の話。小売業者は、日々何百件という宅配、配送を計画、調整、最適化し、滞りなく実行する必要に迫られています。顧客からの高まる期待への対応とコストの最小化とのバランスを取ることは、オンライン店舗でも実店舗でも、小売業者にとってとても難しい課題です。
コストを抑えつつ顧客を満足させるには、革新的なアプローチが必要です。オンライン受注から、配送時間帯の指定、最も適切な倉庫での商品のピッキングと梱包、最適化された配送計画、統合された配送証明(POD)まで、エンドツーエンドのプロセスをカバーすることで、大きな競争優位性を獲得できます。
サプライチェーンプロセスのエキスパートであるWesternacherは、小売業者がどこに問題を抱えているかをよく理解し、あらゆるテクノロジーソリューション、オペレーションおよびビジネスプロセスの再設計、組織の改善を組み合わせた革新的なソリューションをご提案します。

収益確保とコスト削減
サプライチェーンコントロールタワー

注文承認の遅延、POのエラー、誤ったリードタイム、港湾ストライキ、サプライヤーの火災事故、パンデミックなど、サプライチェーンでは本当にさまざまな問題が発生します。Westernacherは、膨大なデータを持つ複数のシステムを統合し、このデータジャングルから適切な情報を、適切なタイミングで、適切な担当者に提供できるようにした上で、業務や組織の課題に取り組みます。エンドツーエンドの可視性を高めるこのアプローチを、SCPA(Supply Chain Performance Assurance)と呼んでいます。

倉庫管理で小売業務を最適化

小売業者にとって、在庫管理は重要な課題です。これは、物流センター(DC)から店舗に至るサプライチェーンのすべてのレベルに当てはまります。たとえば、適切な商品を適切な価格で適切な場所に配置する、商品を常に新鮮で魅力的に保つ、顧客獲得率向上のために在庫を確保するなど、考慮すべき点がたくさんあります。商品をオンラインで購入して店舗で受け取るクリック&コレクトは、実店舗をさらに活性化させました。これは、実店舗が商品の保管場所として新たな一歩を踏み出したとも言えます。Westernacherは、倉庫管理のエキスパートとして、50年にわたる数多くのプロジェクト経験を活かし、お客様の日々の改善、最適化、革新を支援します。

小売業におけるエンドツーエンドサプライチェーンの在庫の視覚化
小売店の進化

すべての店舗を集中倉庫管理システムの一部として運用することで、(内部)サプライチェーンのあらゆるレベルにおけるすべての部分で、リアルタイムに在庫状態を把握できます。これまで店舗は、商品を確認、試着、購入するための場所でした。また、アドバイスやインスピレーションを得たり、新しいアイデアを発見したり、ときに掘り出し物に出会う場所でもありました。インターネットの出現により、このすべてが変わったのです。詳細は、下記リンクから弊社のホワイトペーパーをぜひダウンロードください。

Westernacher white paper: End-to-end supply chain inventory visibility in retail. The evolution of the retail store

店舗状況の把握
小売業のIoT

オムニチャネルリテールにおいて、可視化が求められています。通常、サプライチェーンと店舗業務は別々のもので、それぞれが独自のシステムランドスケープを持っています。可視化を実現し、店舗情報を他のチャネルと統合してシームレスなカスタマーエクスペリエンスを提供するには、複雑なアーキテクチャを統合する必要があり、これにはコストがかかります。Westernacherでは、プロセス、データフロー、システムアーキテクチャ、オペレーションをシンプル化し、統一されたオムニチャネル体験を提供するためのイノベーションを推進しています。弊社にぜひご相談ください。倉庫管理ソリューションとIoTの可能性をさらに広げるアイデアをお伝えします。

始動
ゆっくり始めるか
今すぐ飛び込むか

はじめに

Westernacherの簡単な紹介


重要な問題点の特定
アイデアに関するディスカッション

1~2時間

パートナーシップの可能性の探求

インスピレーション

Westernacherが提供するサービス・ソリューションの紹介​


弊社のサービス・ソリューションがもたらす利点に関するディスカッション​


0.5~1日​

革新すべき分野の特定

深掘り

現状のビジネスプロセス、機能、問題点の検討​

アイデアの説明およびディスカッション



3~5日

ハイレベルなロードマップおよびビジネスケースの作成

イノベーション

現状のビジネスプロセス、機能、問題点の特定​

将来のシナリオ、ビジネスプロセス、サービス・ソリューションの考案​

4~6週間​

詳細なロードマップおよびビジネスケースの作成

Let's work together.

Leistungen
Inspiration
Verantwortung
Unternehmen
Sprache wählen

Get in touch with our experts.
Stay informed.

Subscribe to our newsletter and stay informed about our latest insights.
ポートフォリオ
広報
CSR活動
会社情報
Choose your language

弊社エキスパートへのお問い合わせ
ニュースレターへのご登録

最新情報をお届けするニュースレター(英語)にぜひご登録ください。